訪問を歓迎する上海日順電子器材有限会社 泰州日順電器発展有限会社

English              日文              中文

泰州日順電器発展有限会社

上海日順電子器材有限会社

ニュース情報

>
>
>
解析:直流低圧安定電源電子回路設計の原理図

解析:直流低圧安定電源電子回路設計の原理図

直流低圧電圧安定電源電子回路の設計は電源管理に幅広く応用されているため、今日、このような設計の回路図について簡単な解析を行い、読者がこのような応用を設計する際に役立つことを期待している。
 
スイッチング電源部のVD1−VD4, R1, C1, C2は整流フィルタ回路を構成する。NE555、R2、R3、C4、VD6などの要素は、周波数が約20KHzであるマルチ共振・発振回路を構成する。R4、C3、VD5は降圧安定回路を構成し、NE555に12V電源を供給する。大電力管VT1および変圧器Tはスイッチ回路を構成する。VT1の動作状態はNE555の③脚によって制御され,オン時間はパルス幅によって決定され,R3を調整することでパルス幅を変更できる。パルス幅が広くなり、出力電圧が高くなる。パルス幅が狭くなり,出力電圧が低下する。VT2およびR8, R9, C6は,過フロー保護回路を構成する。過負荷または短絡故障が発生した場合、VT2がオンし、NE555に強制的に振働をリセットし、VT1を損害から保護する。C7, R10はネットワークを保護するため,VT1のc−e接合が瞬間的にパルス的に破壊されることを防いでいる。2つの二次巻線は,整流フィルタリング後,それぞれ20Vおよび12Vを出力する。製作を簡単にするため、スイッチ電源は自動的に電圧を安定させることができないように設計して、その機能は変圧器と類似して、ただ軽量化の隔離降圧作用を実現して、電圧を安定させる機能は後の電圧安定回路で実現する,12V直流電圧7805電圧を安定した後に出力+5V;直流電圧20Vを調安定回路に送る。
 
6666

泰州日順電器発展有限会社

住所:江蘇省泰州市経済開発区姜寺路488号
直線:0523-82096199
ファックス:0523-82096200

 

上海日順電子器材有限会社
住所:上海自貿区日京路35号のケフンビル1218室
直線:021-58667709
ファックス:021-58665779

E-mail:rs2@shrishun.com